(IN216) ケーススタディ: Kawasaki - 5 軸 3 次元計測装置(CMM)で品質保証部も”Good Time” (pdf)

  • Download file
  • File size: 1.87 MB
  • Language: 日本語

This type of file requires a viewer, freely available from Adobe

(IN216)  ケーススタディ: Kawasaki - 5 軸 3 次元計測装置(CMM)で品質保証部も”Good Time”

Kawasaki Motor Manufacturing Corp. USA 社、米国ミズーリ州メアリヴィル工場では、スキャニング式プローブの採用で、表面形状のデータ収集と機械加工セルへのフィードバックがスピードアップして、CMM装置の治具を低減し、プローブキャリブレーションの時間を数時間から数分に短縮しました。計測スループットの増加と測定における柔軟性の向上で、製造および研究開発部門へのフィードバックの高速化が実現、それとともに、最終的にはスキャニング式3次元側定装置での測定だけになり、ギヤやカムリフトの寸法検査システムが不要となることもありえそうです。

Part number: H-5650-3199